Rajyuru Blog

『起こりうる全てが宇宙GIFT』Part 1

大阪市内から電車で約30分。
緑豊かな河内長野市で2018年リラクゼーションサロン「ラ・ジュール」を開業。

21歳で結婚・出産し21歳、15歳、9歳の娘を育ててます。
セラピストになったきっかけは、長女が重い障がいを持ち産まれた事。

21年前の医療は今とはやはり違いがあり556g超未熟児で誕生した娘は”助からなと”宣告。
主治医が毎日娘の病状を説明するたびに

うちの子大丈夫なんで”

と繰り返し言いきっていたら
現実を受け止められない母だって
精神科の診察を受けさせられ精神安定剤を処方されると言う笑えないことに。

とにかく私は一度も保育器の中に大量のチューブで繋がった娘を見て将来を悲観したことはなくて、絶対に大丈夫だとしか思えなかった。

長期の入院のあと自宅に戻ってからは
西洋医学、東洋医学、リハビリ、整体、カイロ、食事療法、神頼み…全てやってみたら
絶対に寝たきりだって言われていた娘が
ゆっくりであっても成長してくれている。

医者がダメだと言っても諦めちゃいけない!
だって私、一度も彼女の未来が暗いなんて思ったことなかった。

“奇跡”

そう主治医は言うけど、娘を通じて
何ごとも諦めずやれることを精一杯すれば
未来は明るいものに変えられるって
そう教わった気がする。

S__8462352

 
毎週通った整体の先生に

手あてって昔から言うでしょ。
“手を当てること・手からは気がでている”
お母さんが子供に手を当てることで凄いパワーを子供に送ってあげる事が出来るって話してくれたこと。

手あて

手をあてると麻痺の身体が温かくなり血色が良くなる
娘は心地良さそうにリラックス

最高の癒し

手で人を癒す仕事に就きたい
そう思いセラピストになる為スクールに通い資格を取得。

はじめは自宅の一室をサロンにし
ご紹介のみでの営業を5年間。

三女が小学校に入学を機に子育てと介護、仕事が無理なく出来る環境にサロンをオープンさせました。

サロンコンセプトは
人や地球に優しい美容の提供

サロンで使用するものはオーガニック認定のものを使用しています。
美を提供する場である「エステサロン」が毎日沢山の木べらやペーパー類を使用しゴミを多量にだしてしまうのはとても疑問がありました。
地球をゴミの山にしてはいけない

美容×eco活動

まだまだ大阪では環境問題に取り組むサロンは少ないですがラ・ジュールから発信していきます

S__8462350

 

40歳を超えてのサロン開業・3人の子育てママ・障がい児を育てる母。

色々な経験をさせて頂き、今まで学んだ事。
ホームページやInstagramでは伝えきれない思いをこれからはブログでお伝えしていきます。

Ayumi

アーカイブ
2020年12月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031